名古屋市上下水道局

財政のあらまし 令和元年度予算(水道事業)

経営収支の概況(水道事業会計)

令和元年度予算の概要

 収益的収入において、うるう年の影響や消費税率引き上げなどによる水道料金収入の増収を見込んだことなどにより前年度予算を8億円上回る513億円を予定した一方、収益的支出において、水道管のメンテナンス費用の増加や消費税率引き上げなどにより前年度予算を7億円上回る510億円を予定しました。
 その結果、当年度純利益は3億1,000万円を計上しました。

水道事業会計の平成31年度予算


建設改良事業

 令和元年度の建設改良費は199億円で、そのうち主要な建設改良事業として次表の事業を予定しています。
 なお、水道基幹施設整備のうち35億円については長期の借入金である企業債でまかなうこととしています。

事 業 概  要 金 額
水道基幹施設整備 浄水場、送・配水施設等の基幹施設の整備 69億円
配水管網整備 配水管網の耐震化等 83億円

 配水管網整備については、収益的支出で口径150ミリ以下の配水管の布設替59億円を別途計上しています。