名古屋市上下水道局

2018年11月2日 下水道工事現場における事故の発生について

下水道工事現場における事故の発生について
(平成30年10月30日資料提供)


当局発注の下水道工事現場において、歩行者が転倒し、負傷する事故が発生いたしましたので、下記のとおりご報告します。


1 発生日時
平成30年11月2日(金) 午前11時30分頃

2 発生場所
名古屋市北区安井一丁目地内(裏面「位置図」参照)

3 発生状況
負傷者は女性(80代)で、浸水対策を目的とする下水道工事現場(上記発生場所)で、作業に使用する水を送るためのホースをまたいだ際に、ホースに足が引っかかり転倒されました。転倒の際に右手をついたところ、右手首を骨折する怪我を負われました。

4 原因
道路上に設置してあった作業用の送水ホースは直径約5cmであり、受注者が段差解消の措置を取っていなかったため、つまずいて転倒されたものです。
なお、現在、送水ホースは撤去しました。

5 対応状況
ご本人にお会いし、謝罪をするとともに事故状況の確認を行いました。
また、直ちに同種事故の再発防止について局内及び他の受注者へ注意喚起を行います。

<位置図>
位置図


<作業状況図>
作業状況図