名古屋市上下水道局

2019年1月28日 短期使用に係る上下水道料金の請求誤りについて

短期使用に係る上下水道料金の請求誤りについて
(平成31年1月28日資料提供)


名古屋市上下水道局において、短期使用に係るお客さまの水道ご使用中止に伴う上下水道料金の精算処理を行った際、料金システムの更新(平成31年1月1日稼働)に伴うプログラムの不具合が判明しました。直ちに当該プログラムの修正を行うとともに、不具合の影響の可能性がある全てのデータ(976件)を調査しました。その結果、お客さまに誤った金額の上下水道料金を請求した事案を3件確認いたしましたので、下記のとおりご報告します。
※短期使用…ご使用開始から中止までが2か月以内の使用


1 内容及び原因
上下水道料金は、2か月に1度水道メータの検針を行い、検針期間(検針日の翌日~次の検針日の期間)ごとに計算するのが原則ですが、短期使用の場合は、例外的に、ご使用期間(使用開始日の翌日~使用中止日)に応じて上下水道料金を0.5月単位で計算します。
しかし、下記の3事案につきましては、ご使用期間が2か月以内であったにもかかわらず、短期使用の料金計算プログラムが正常に動作しなかった結果、誤った金額の料金をお客さまに請求してしまったものです。

2 請求誤りの件数及び正しい金額との差額等
(1)請求誤りの件数 3件

使用開始日 使用中止日 検針日
A様 平成30年12月11日 平成31年1月15日 平成31年1月9日
B様 平成30年12月28日 平成31年1月12日 平成31年1月9日
C様 平成31年1月7日 平成31年1月21日 平成31年1月17日

(2)正しい金額との差額・納入状況
誤って請求した金額正しい金額差額納入状況
A様93,544円90,183円3,361円納入済
B様1,276円638円638円納入済
C様672円336円336円未納入


* 詳細は、資料(pdf 44kb)をご参照ください。

3 対応
請求誤りのあった3名のお客さまに対してお詫びするとともに、請求誤りが発生した経緯をご説明させていただきました。加えて、A様、B様には差額を返還させていただく旨、C様には正しい金額に訂正して請求させていただく旨を説明し、了承をいただきました。
なお、料金計算プログラムの不具合につきましては既に修正を完了しており、また、他に同様の請求誤りは発生していないことを確認しております。