名古屋市上下水道局

2019年3月20日 露橋水処理センター改築事業完了記念式典の開催について【取材のご案内】

露橋水処理センター改築事業完了記念式典の開催について【取材のご案内】
(平成31年3月20日資料提供)



上下水道局では、露橋水処理センターの老朽化に伴い、平成15年度から全面的な改築を行っており、平成29年9月には水処理施設の供用を開始しました。このたび、平成31年3月に上部利用施設「広見憩いの杜」が完成することで、一連の改築事業が完了します。
これを機に、下記のとおり記念式典を開催しますので、ぜひ取材していただきますようお願いいたします。


1 露橋水処理センターの概要
(1) 所在地
名古屋市中川区広住町10番50号
(2) 処理能力
80,000㎥/日
(3) 施設の特徴
水処理施設は地下に設置し、上部を緑地空間「広見憩いの杜」として整備しました。芝生広場や桜並木、ミスト噴水など水と緑を感じられるくつろぎ空間になっており、どなたでもご利用いただけます。
露橋水処理センター上部空間全景
露橋水処理センター上部空間全景

2 記念式典
(1) 日時
平成31年3月28日(木)午前10時から正午まで(受付は午前9時30分から)
※雨天決行。ただし、荒天時は中止する場合があります。
(2) 会場
露橋水処理センター管理棟 2階屋外デッキ
(3) 出席者
国土交通省、愛知県、名古屋市会及び地元関係者等 約20名
(4) 内容
テープカットや名古屋市立山王中学校によるコーラス、また、タイムカプセルの開封などを行います。
(5)その他
式典終了後、引き続いて施設紹介および施設見学、上部空間の案内を行います(式典に引き続き取材いただくことが可能です。)。

※ タイムカプセルの開封
タイムカプセル
平成17年度に愛知県で開催された「愛・地球博」において、露橋水処理センターから近い「ささしまサテライト会場」で開催された上下水道局のイベントなどで、『未来への水の航路(みち)』と題し、露橋水処理センターの完成が予定されていた10 年後の未来への「絵てがみ」を来場者の方に書いていただき、タイムカプセルに入れて当局でお預かりしていました。
式典の中でタイムカプセルを開封し、絵てがみを一部紹介します。式典終了後、絵てがみは書いていただいた皆さまのもとにお送りします。

3 取材申込
取材いただく場合には、平成31年3月22日(金)午後5時30分までに、上下水道局工務課へご連絡いただくようお願いいたします。

【周辺案内図】
周辺案内図
【構内案内図】
構内案内図