名古屋市上下水道局

2019年4月5日 下水道工事現場における事故の発生について

下水道工事現場における事故の発生について
(平成31年4月5日資料提供)

当局発注の下水道工事現場において、自転車が破損する事故が発生いたしましたので、下記のとおりご報告します。


1 発生日時
平成31 年4 月4 日(木) 午後11 時40 分頃

2 発生場所
名古屋市北区金城一丁目地内(「位置図」参照)

3 発生状況
下水道工事現場においてマンホールの仮蓋の上を仮舗装していましたが、被害者の方が自転車で通行した際に、飛散したアスファルト舗装材料に自転車の前輪が当たり、ホイールが破損しました。
なお、被害者の方に怪我はありませんでした。

4 原因
マンホールの上に仮蓋(鋼製の格子状の蓋)を設置し、アスファルト舗装材料で仮舗装していましたが、アスファルト舗装材料が剥がれてマンホール蓋周辺に飛散したものと考えられます。

5 対応状況
ご本人にお会いし、謝罪をするとともに事故状況の確認を行いました。
飛散したアスファルト舗装材料を片付け、現在は鋼製のマンホール蓋を設置して通行できるようにしております。
また、直ちに同種事故の再発防止について局内及び他の受注者へ注意喚起を行います。

<位置図>
位置図

<状況図>
状況図