名古屋市上下水道局

2019年5月10日 名古屋市指定水道工事店協同組合と防災訓練を実施します

名古屋市指定水道工事店協同組合と防災訓練を実施します
(令和元年5月10日資料提供)


名古屋市指定水道工事店協同組合(以下「名水協」という。)は、「災害時における応急復旧工事等の協力に関する協定書」の内容に基づき、当局と共催で次のとおり防災訓練を実施しますので、ぜひ取材していただきますようお願い申し上げます。

1.訓練の目的
  名水協と当局は、平成24年12月の「災害時における応急復旧工事等の協力に関する協定書」の締結、平成28年8月の「災害時における仮設給水栓の設置等に関する協定書」の締結により、応急給水活動等の協働体制の拡充を進めて参りました。
地震発災時には屋内給水設備においても相当の被害が予想され、その初動対応については、地域に根差した名水協組合員に重要な役割を担っていただくことになります。
そこで、災害時における迅速・効果的な応急給水を実施することを目的として防災訓練を実施します。

2.開催概要
【日  時】 令和元年5月17日(金) 午前9時30分~午前11時30分(雨天決行)
【場  所】 名古屋市港区いろは町5-14
      名古屋市上下水道局人材育成推進室 技術教育センター
【開催形態】 (主催)名古屋市指定水道工事店協同組合
       (共催)名古屋市上下水道局
【参加者数】 140名程度
【訓練内容】 仮設給水栓の設置や給水タンクの運搬による応急給水訓練


3.訓練イメージ(平成29年度第2回名水協防災訓練より)

仮設給水栓設置訓練の写真
仮設給水栓設置訓練

給水タンク運搬訓練の写真

給水タンク運搬訓練


4.当日の連絡先

 上下水道局給排水設備課(多和田) 080-3209-1880


5.その他

 現地会場内に駐車場を設けておりますので、ご取材いただける場合はご連絡ください。

名水協防災訓練リーフレット(A4 4ページ)(862KB)


<参考>名水協と上下水道局とのこれまでの主な官民協働の取り組みについて
平成24年12月
「災害時における応急復旧工事等の協力に関する協定書」の締結
 
災害時における「応急給水」、「緊急止水作業」及び「応急復旧工事」への協力について、上下水道局と名水協が協定書を締結
平成25年5月
第1回 名古屋市指定水道工事店協同組合 防災訓練の実施

 前年度締結した「災害時における応急復旧工事等の協力に関する協定書」の内容に基づき、初めての試みとして防災訓練を実施。
平成26年7月
応急給水施設に設置する仮設給水栓の寄託

 名水協の各支部(16支部)に対し仮設給水栓を2基ずつ、計32基を寄託
 8月20日には、西区花ノ木公園において寄託式及び住民参加による応急給水訓練を実施
平成28年8月
「災害時における仮設給水栓の設置等に関する協定書」の締結

 平成24年12月締結の協定を基本協定に位置付け、災害時における応急給水施設への仮設給水栓の設置等について、以下の要点の協定を締結
・名水協への仮設給水栓の寄託基数を32基から112基へ増大
・名水協が設置する応急給水施設を予め指定(105か所)
・震度6弱以上の地震発生で、当局からの要請を待たずに、あらかじめ指定した応急給水施設に仮設給水栓を設置
平成29年5月
第2回 名古屋市指定水道工事店協同組合 防災訓練の実施

 「災害時における応急復旧工事等の協力に関する協定書」の内容に基づき、防災訓練を実施。