名古屋市上下水道局

2019年5月14日 水源地保全活動を実施します

水源地保全活動を実施します
(令和元年5月14日資料提供)

市民による上下水道局サポーター組織である「アメンボクラブ(※1)」の会員と「上下水道モニター(※2)」の方々が、名古屋の水源地の一つである岩屋ダム周辺において、水源地保全活動を下記のとおり実施しますのでお知らせします。



1.開催日時 

 令和元年5月21日(火)午前8時30分から午後5時30分まで


2.開催場所 

 岩屋ダム(岐阜県下呂市金山町)
 岩屋ダム位置図
 <岩屋ダム位置図>


3.活動内容

 岩屋ダム湖畔にて、苗木の植樹をします。 
 昨年度の様子
 <昨年度の様子>


4.行  程 

 8:30 市役所出発 → 11:00 岩屋ダム到着、昼食 
 → 13:00 水源地保全活動 → 14:50 岩屋ダム出発
 → 17:30 市役所到着  ※ 観光バスで移動します。


5.参加予定

 アメンボクラブ会員 及び 上下水道モニター 30名程度


6.そ の 他

 天候により、スケジュールを変更する場合があります。

※1 アメンボクラブについて
 「アメンボクラブ」は、上下水道モニター経験者の有志により平成17年度に設立した上下水道局サポーター組織で、当局の各種イベントにおいて「水道水の提供」などボランティアとしてご協力いただいています。平成31年4月末現在の登録者数は63名です。

※2 上下水道モニターについて
 本市の上下水道事業に関し、お客さまから意見・要望を伺い、今後の事業運営の参考にするとともに、施設見学会等を通して事業に対する理解を深めていただいています。