平成29年度「なごや水フェスタ」を開催しました

水フェスタ_ロゴ


 平成29年6月4日(日)、水道週間(6月1日~7日)にちなんで、『なごや水フェスタ』を開催しました。

 当日は天気にも恵まれ、会場の鍋屋上野浄水場には約11,500人ものお客さまにご来場いただきました。

 会場では、水道水ができる仕組みを学ぶ「浄水場の施設見学ツアー」や、木曽三川流域の特産物の販売・木工工作体験などを楽しめる「木曽三川マルシェ」などを中心に、お子さまから大人まで広くお楽しみいただきました。また今年初めての取り組みとして、水にまつわる新作狂言の披露を行いました。
 普段は入ることのできない浄水場の開放の機会は年に1度だけということもあり、多くの方に浄水場や水道・下水道について知っていただく良い機会になりました。

 鍋屋上野浄水場から歩いて15分程度のところにある、水の歴史資料館でも共催イベントを実施し、名古屋市上下水道局の地震対策や浸水対策についてPRを行いました。会場には水道・下水道のはたらく車が大集合し、お子さまを中心に人気を集めていました。


☆★☆当日のようす☆★☆
会場全体  木曽三川マルシェ
▲会場のようす              ▲木曽三川マルシェのようす

大治太鼓  源流踊り
▲郷土芸能(大治太鼓)          ▲郷土芸能(KISO源流)



【開催日時】

  平成29年6月4日(日曜日) 午前10時 ~ 午後3時

【開催場所】
  鍋屋上野浄水場 (名古屋市千種区宮の腰町1ー33)
  【共催】水の歴史資料館 (名古屋市千種区月ヶ丘1丁目1-44)

【来場者数】
  鍋屋上野浄水場 約11,500人
  水の歴史資料館 約900人