名古屋市上下水道局

平成25年度「木曽三川水源林保全体験」を開催しました!

水源を保全する取り組みの一環として、徳山ダムの水源地で「木曽三川水源林保全体験」を開催しました。
当日は天候に恵まれ、残暑厳しい一日となりましたが、揖斐郡森林組合、木曽三川水源造成公社、生命の水と森の活動センターの方の指導のもと、ノコギリを使った間伐作業を体験していただきました。
また、間伐作業体験後は、普段は見ることのできないダム堤体内部を見学していただきました。参加者のみなさまからは、「間伐作業など、地元の方々の苦労があって、私たちの水源が守られていることが良くわかりました。」「机上の勉強だけではなく、実物を見ることができて理解もましました。」などのご意見をいただきました。水源林整備の大切さやダムの役割について理解を深めていただけたと思います。

開催日時
平成25年8月22日(木)
午前9時00分から午後6時00分

開催場所
岐阜県揖斐郡揖斐川町

参加者
給水区域内在住の小学校4~6年生とその保護者18組36名
※名古屋市、清須市(春日地区を除く)、北名古屋市久地野地区、大治町、あま市甚目寺地区

当日のようす
間伐体験場所への移動の様子  間伐体験場所への移動の様子
間伐体験場所へ移動

間伐体験の様子  間伐体験の様子
間伐体験のようす

ダム見学の様子  ダム堤体内の見学の様子
  ダムの見学