名古屋市上下水道局

木曽三川流域連携イベント「エコ市」を開催しました!


平成25年11月16 日(土)、緑区の鳴海配水場にて、木曽三川流域連携イベント「エコ市」を開催しました。

「エコ市」は、水環境保全への理解を深め、木曽三川流域における市民レベルの交流・連携を図ることを目的に、100周年事業の一環として実施しており、今年で8回目となります。
当日は、穏やかな秋晴れとなり、約3,200人のお客さまにご来場いただけました。

会場では、木曽三川流域の自治体等が地域の特産物や伝統工芸品を販売しました。また、丸太切り体験やスーパーボールすくいなどできるエリアもあり、お子さまから大人までお楽しみいただくことができました。

来場者アンケートには、「特産品が買え、さらに食べ物がおいしかった」、「来年も楽しみにしています」との声をいただきました。今後も、木曽三川流域のさまざまな地域の人たちとつながっていることを実感していただけるようなイベントを開催し、水環境の保全に努めてまいります。

■当日のようす
会場の様子  特産物の販売の様子
      会場遠景            特産物の販売


特産物の販売の様子  丸太切り体験の様子
     特産物の販売           丸太切り体験

■開催日時
平成25年11月16日(土) 午前10時~午後3時

■開催場所
鳴海配水場(緑区桃山四丁目)

■来場者数
約3,200人

■参加自治体等
犬山市、揖斐川町、恵那市、海津市、木曽広域連合(大桑村、王滝村、上松町、木曽町、南木曽町)、木祖村、桑名市、下呂市、白川町、中津川市、羽島市、花水緑の会(緑区)、公益社団法人木曽三川水源造成公社、独立行政法人水資源機構、名古屋市指定水道工事店協同組合、名古屋上下水道総合サービス株式会社、緑区観光推進協議会 <順不同>