名古屋市上下水道局

平成28年度 工事現場市民見学会を開催しました!

  平成28年12月10日(土)に『堀川左岸雨水幹線下水道築造工事(その2)』(北区)の工事現場市民見学会を開催しました。

 この工事は、浸水対策及び合流式下水道の改善を目的に貯留管を建設するものです。雨水貯留施設の工事現場を市民の方々に見学していただくことで、局の事業について理解していただくことを目的に実施しました。また、見学会の内容は工事の概要を説明するとともに、管内のトロッコへの乗車、お絵かきをしていただきました。

 
参加者の皆様からは、「浸水対策の重要性が理解できた。」「いつも歩いている道路の下にこのような施設があると思わず、とても興味深かった。」などの感想をいただき満足していただけたようです。
 今後も機会を設け広く市民のみなさまに工事現場を見学していただき、上下水道局の進める事業をPRしていきます。


■当日の様子

堀川左岸雨水幹線下水道築造工事(その2)現場】

    管内で説明する様子  
                  管内で説明をする様子
 
        
    トロッコ乗車の様子2      お絵かきをしていただいる様子2
         トロッコ乗車の様子              お絵かきしている様子

■開催日時
 平成28年12月10日(土)
 第1回 10時00分開始
 第2回 11時00分開始
 第3回 13時00分開始
 第4回 14時00分開始
 ※各回1時間ずつ

■開催場所
 名古屋市北区名城一丁目
 ・堀川左岸雨水幹線下水道築造工事(その2)現場

■参加者
 第1回 19名
 第2回 16名
 第3回 19名
 第4回 19名
 合計  73名(うち、子ども26名)