名古屋市上下水道局

パッキンの取替方法

「じゃ口をしめても水が止まらないので、新品と取り替えてください。」そんな電話をよくいただきます。でも、じゃ 口を替えなくても右の図のコマやパッキンを交換するだけで、水は止まります。下図のように修理は簡単ですので、一度、挑戦してください。通常サイズのパッ キンは営業所の窓口で無料でさしあげています。

なお、サイズが違う場合や水栓弁(コマ)とパッキンが一体となっている場合はお買い求めいただくか、修理をお申し込みください。



ご用意いただくもの

  • スパナ、ドライバー、モンキーレンチなど
  • パッキン

取替の手順

1. 元栓(甲止水栓)を右にまわして、水を止めます。




2. スピンドルカバーを左にまわして胴からはずします。




3. ハンドルを全開してじゃ口のの上部をはずします。




4. コマ(水栓弁)を取り出します。




5. コマの先にあるナットをはずし、新しいパッキンと取り替えます。ナットをもとどおりによくしめつけてください。




6. いよいよ組み立てです。まず、もとのようにコマをさし込みます。




7. じゃ口の上部をはめこみます。はまりにくいときは、2~3回左右にまわしてください。




8. じゃ口のハンドルをよくしめてから、スピンドルカバーをしっかりしめつけます。




9.元栓(甲止水栓)を左にまわして、水を出します。



ご家庭では直せないじゃ口

じゃ口には、ご家庭で直せるものと、そうでないものがあります。直すことのできないじゃ口(シングルレバー式、サーモスタット式混合水栓など)がこわれたときは、市指定給水装置工事事業者に修理をお申し込みください。