名古屋市上下水道局

メキシコ市に対する技術協力を行います!

icon_002 JICA草の根技術協力事業が採択されました!! icon_002

2018年10月に上下水道局の提案した「メキシコ市における上下水道震災対策強化プロジェクト」が、2019年4月8日(月)、独立行政法人国際協力機構(JICA)において、草の根技術協力事業として採択されました。
2017年9月にメキシコ中部で発生した大規模な地震により、多くの上下水道施設が被害を受け、一時は約300万人の市民が断水の影響を受けました。このことから、メキシコ市において上下水道の震災対策を早急に強化しようとする機運が高まっています。
今後、名古屋市上下水道局では震災対策の経験を活かし、職員の海外派遣やメキシコ市からの研修員の受入れを行うことで、メキシコ市上下水道局の震災対策の体制強化に貢献していきます!!


草の根技術協力事業の概要
事業名
メキシコ市における上下水道震災対策強化プロジェクト
期間
2020年1月~2022年9月(2年8ヶ月間)
メキシコ市側実施機関
メキシコ市上下水道局(SACMEX)
目的
メキシコ市上下水道局における震災対策(上下水道システムの耐震性・地震時の応急活動)の体制強化