名古屋市上下水道局

下水道整備による市内河川の水質変化

 河川の水質の変遷を、代表的な水質指標であるBOD*により概観します。

 昭和30~40年代前半(1965年前後)、人口増加や経済活動の活発化に伴い、水質が非常に悪い時期がありました。その後、下水道の整備等により、昭和40年代後半から大幅に改善しました。


下水道人口普及率と河川水質の推移

*BODとは
 Biochemical Oxygen Demand(生物化学的酸素要求量)の略で水の汚れの程度を示す指標です。数値が大きいほど汚れが多いことを意味します。