名古屋市上下水道局

高度処理のしくみ

  • 高度処理とは、現在多くの水処理センターで行っている処理方法(標準活性汚泥法)では十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くための処理方法です。
  • 名古屋市が導入している、または導入予定の高度処理は、嫌気―好気法と、嫌気―無酸素―好気法です。
  • 嫌気―好気法はリンを除去するための、嫌気―無酸素―好気法は窒素とリンを同時に除去する処理方法です。

1.嫌気―好気法
嫌気―好気法

※嫌気-好気法は、熱田水処理センターおよび打出水処理センターで導入しています。



2.嫌気―無酸素―好気法

嫌気無酸素好気法


※嫌気-無酸素-好気法は、柴田水処理センターおよび西山水処理センター、守山水処理センター、露橋水処理センター、植田水処理センターで導入しています。