名古屋市上下水道局

簡単な水漏れチェック

「使用量が多い・・・」 こんなときはまずチェックしてみましょう

普段よりもご使用量が多い場合には、水漏れしていないか確認していただくため、メモを入れさせていただくことがあります。ご使用量が増える要因としては、        
  • ご家族の人数が増えた
  • 業種の変更など水道ご使用の形態が変わった
などが考えられますが、ご使用状況に変化がなく、次のいずれかに思い当たることがあれば水漏れの可能性があります。
  • トイレで水がチョロチョロ流れている
  • じゃ口から水がポタポタ落ちている
  • 水まわりの壁や床が濡れている
  • 地面の同じ所がいつも濡れている

ほんの少しの水漏れでも、長時間では思わぬ量になります。水漏れに気づかれたら、お早めに市指定給水装置工事事業者または担当営業所にご連絡ください。

上の項目にあてはまらない場合でも、発見しにくいか所で水が漏れていることも考えられます。次の【水漏れの調べかた】を参考に、一度お調べください。

水漏れの調べかた

家の中のすべてのじゃ口を閉めて、しばらくの間、水道メータをご覧ください。


水道メータ1 水道メータ2

水道メータの赤い針またはパイロットが動いていたら、どこかで水が漏れています。
お早めに市指定給水装置工事事業者または担当営業所にご連絡ください。

水漏れがひどいときは元栓を閉めましょう

水漏れがひどいときは、まず水を止めてください。メータボックスのふたを開けて、
元栓(止水栓)を矢印の方(時計回り)へ回すと水は止まります。

お客さまご自身で水道を簡単に止めれる元栓(止水栓)が取り付けてあるとたいへん便利です。
元栓(止水栓)の取り付けは、市指定給水装置工事事業者にお申し込みください。
元栓の閉め方
元栓(止水栓)の閉め方