名古屋市上下水道局

水道事業の仕事

水道事業の事業運営に必要な経費は、税金ではなく、お客さまにお支払いいただいている水道料金でまかなっております。

水道事業は「地方公営企業」として、民間企業と同様に常に経済性を発揮した運営を行い「清浄・豊富・低廉」な水の供給という公共の福祉増進のため、日夜努力しています。

水道事業の主な仕事をご紹介します。

浄水場では

浄水場では、木曽川から取り入れ、送られてきた水をきれいな飲み水にするため、 昼も夜も交替で働き、ご家庭に水を送り続けています。このほか、毎日作られた水を検査したり、定期的に木曽川や岩屋ダムをパトロールして、水質の監視を行っています。


中央管理室

水質検査

管路センターでは

市内4か所の管路センターでは、道路の地中に、あみの目のように張りめぐらされた配水管を十分に機能させるために、配水管等の維持管理作業(漏水修理等)や布設替え工事などを行っています。


漏水修理

配水管布設工事

営業所では

営業所では、お客さまとの身近な窓口として、水道の使用申込や料金の受け取りのほか、 メータの検針や修繕などを行っています。また、水道に対するご相談も受け付けています。


営業所の窓口

メータの検針