名古屋市上下水道局

上下水道局の施設に広告看板を設置しませんか?

上下水道局の施設の一部に、有料で広告看板を設置することができます。
設置可能な土地、施設を一例として下表のとおり掲げました。

広告看板の設置を希望される場合には、下記連絡先までお電話にてお問い
合わせください。
なお、ここに掲載していない物件についても設置が可能な場合があります。
お気軽にお問い合わせください。
 
♦下表は現在広告の設置が可能な施設ですが、広告看板の構造や形状によっては、
 支柱が建てられないなどの事情によりお貸しできないことがあります。
 また、すでに他からお申込みいただいているため、ここに掲載している物件でも
 お申込みをお受けできない場合があります。



1 物件一覧(番号をクリックすると写真・地図をご覧いただけます。)
                                H30.6.8現在   
物件番号所在地備考
1守山守山区小幡一丁目3-15守山営業所
駐車場
3猪高東側名東区猪子石二丁目猪高配水場
(東側)
4猪高西側名東区猪子石二丁目猪高配水場
(西側)
5堀留中区千代田一丁目1-12堀留水処理センター
※残りわずか
5
6山崎西側南区忠次二丁目3-96山崎水処理センター
(西側)
68千年熱田区千年二丁目35-36千年水処理センター
79六条緑区六田1-118六条ポンプ所
                    

2 広告掲載期間
 掲載の許可期間は1年以内としますが、更新が可能です。
 
3 使用料
 使用料は、施設の使用開始日までに一括で納付していただきます。
 納付された使用料については、期間途中で使用を中止した場合も還付しませんので
 ご注意ください。

4 広告設置の制限
 次の各号に掲げる事項に該当する場合には、広告看板を設置することができません。
(1)法令等に違反するもの又はそのおそれがあるもの
(2)公序良俗に反するもの又はそのおそれがあるもの
(3)人権侵害となるもの又はそのおそれがあるもの
(4)政治性のあるもの
(5)宗教性のあるもの
(6)社会問題についての主義主張
(7)個人又は法人の名刺広告
(8)景観又は風致を害するおそれがあるもの
(9)公衆に不快の念又は危害を与えるおそれがあるもの
(10)前各号に掲げるもののほか、広告掲載を行う広告として不適当であると認められる
   もの

 次の各号に定める業種又は事業を営む方は、広告看板を設置することができません。
(1)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2
    条に規定する風俗営業
(2)風俗営業類似の業種
(3)消費者金融
(4)たばこ
(5)規制対象となっていない業種においても、社会問題を起こしている業種や事業者
(6)法律の定めのない医療類似行為を行う施設
(7)占い、運勢判断に関するもの
(8)興信所・探偵事務所等
(9)債権取立て、示談引受けなどをうたったもの
(10)法令等に基づく必要な許可等を受けることなく業を行うもの
(11)民事再生法及び会社更生法による再生・更生手続中の事業者
(12)暴力団関係事業者(暴力団又は暴力団員と密接な関係を有するものも含む。)
(13)各種法令に違反しているもの
(14)行政機関からの行政指導を受け、改善がなされていないもの

5 その他
(1)各施設に設置の検討をするにあたっては、事前に必ず名古屋市屋外広告物条例
   などの関連法規をご確認ください。
(2)上下水道局が必要と認めるときは、広告掲載の許可を取り消す場合があります。
   この場合、使用者に損害が発生しても上下水道局はその責任を負いません。
(3)使用を終えた際には、使用者の負担にて原状回復をしていただきます。広告掲載
   許可の取消があった場合も同様です。