名古屋市上下水道局

鍋屋上野浄水場および旧第一ポンプ所


<鍋屋上野浄水場>
 鍋屋上野浄水場は、名古屋市で最初につくられた浄水場で、大正3年(1914)3月に完成し、同年9月より給水を開始しました。敷地面積は137,325㎥で、ナゴヤドームが3個入る大きさです。
 水源は木曽川で、犬山市にある犬山取水場から取り入れた水は、途中春日井市にある鳥居松沈でん池を経由して鍋屋上野浄水場へ届き、緩速ろ過方式と急速ろ過方式の2つの浄水処理方法で水道水となります。
 鍋屋上野浄水場の緩速ろ過池でつくることができる水道水は日量14万㎥で、日本で2番目の大きさです。
 現在、国内の緩速ろ過方式で作られる水道水は、約3%しかなく、希少な施設となっています。ぜひご見学ください。
 鍋屋上野浄水場は、平成26年(2014)9月に給水開始100年を迎え、次の100年に向けて、これからも「安全でおいしい水」をお届けいたします。


<旧第一ポンプ所>
旧第一ポンプ所
 
 旧第一ポンプ所は、大正3年(1914)9月に完成し、浄水場で作られた水道水を東山配水場へ送るためのポンプ所として、平成4年(1992)までの78年間稼働してきました。
 構造は、レンガ造り・天然スレート葺き切妻屋根で、間口が15m、奥行きが30m、高さが13m、延べ床面積が470mの建物です。
 昭和60年(1985)に「近代水道百選」に選定され、平成24年(2012)に「名古屋市指定有形文化財」に指定されました。さらに平成26年(2014)には、水道給水開始100周年記念事業として、大正3年創設当時のように復原するとともに、耐震補強工事も行いましたので、ぜひご見学ください。
 

<見学申込み方法>
 見学希望日の1週間前までに、5名以上を1グループとして、下記連絡先までご予約ください。
 住  所:名古屋市千種区宮の腰町1番33号
 電話番号:(052)721-1642 (見学受付ダイヤル)
 FAX番号:(052)721-1632
 E-mail :k-nabeya@jogesuido.city.nagoya.lg.jp
 見学受付時間:平日の9時00分から16時30分まで
 見学可能時間:平日の9時30分から16時まで  所要時間90分
 
 ※緊急の工事などにより見学できない場合や、見学にあたりヘルメットの着用をお願いする場合などがあります。
 また、見学には、スニーカーなどの歩きやすい靴、汚れてもいい服装でご参加ください。


<アクセス>
 地下鉄
名城線「砂田橋」下車1番出口より徒歩5分
 市バス
「浄水場西」徒歩1分「谷口」徒歩5分
 ゆとりーとライン
  「砂田橋」下車徒歩5分
鍋屋上野浄水場全景