名古屋市上下水道局

雨からまちを守る施設

 雨水がまちにあふれないようにするための下水道の施設には2種類あります。

雨水ポンプ所

 雨水ポンプ所は、ポンプ排水区域にあり、集まった雨水をポンプでくみ上げ川へ排水しています。
 
 
まちにふった雨は、雨どいや道路をつたって下水管に集まってきます。
 雨水がまちにあふれないようにするために、集まった雨をできるだけすみやかに川へ流さなければなりません。名古屋市には地形のこう配(かたむき)を利用して雨水を川へ排水する自然排水区域と、ポンプ所でくみ上げて雨水を川へ排水するポンプ排水区域があります。

ポンプ排水区

雨水貯留施設

 大雨がふり、発生する雨水の流量が下水管や雨水ポンプ所が排水できる能力を超えると、雨水がまちにあふれて浸水がおこります。そこで、雨水を一時的に貯めることができる雨水貯留施設をつくっています。

 雨水貯留施設には、地下タンク式のものと、道路の地下につくる大きな管形式のものがあります。




雨水ポンプ所とおもな雨水貯留施設