名古屋市上下水道局

浸水対策の充実

 下水道には、大雨からまちを守る重要な役割があります。

 名古屋市では、1時間50ミリの降雨からまちの浸水を防ぐため、下水道整備をすすめています。

 また、平成12年9月の東海豪雨・平成16年9月の集中豪雨を受けて「緊急雨水整備基本計画(前期・後期)」を、さらに平成20年8月末豪雨を受けて「第2次緊急雨水整備計画」を策定して事業をすすめ、原則1時間60ミリの降雨に対して浸水を防ぐための下水道整備もすすめています。

都市化の進展による雨水流出量の増大

 ビルや住宅の集中、道路の舗装など都市の発展とともに、古くに下水道を整備した地区では、以前に比べて浸水が発生しやすくなっています。

桜通の移り変わり


昔の様子 やじるし 現在の様子
雨水が浸透できる空地や田畑
などがたくさんありました。
   道路の舗装、田畑の減少によって地
   面に浸透していた雨水が下水管に集
   中して流れ込むようになりました。

計画レベルを超える豪雨の発生

 近年、河川や下水道の計画レベルを超え、局所的に発生する集中豪雨が全国で発生し、著しい浸水が発生しています。

浸水被害の様子

課題

  • 下水道の計画レベルを超える豪雨により、浸水被害が発生しています。

今後の方針

  • 引き続き「名古屋市総合排水計画」に基づく施設整備をすすめていきます。
  • 平成12年東海豪雨・平成16年9月豪雨・平成20年8月末豪雨を受けて、著しい浸水被害が集中した地域や都市機能が集積する地域を対象に、原則として1時間60ミリの降雨に対応できる施設整備にレベルアップしています。
  • 自分の身を守る「自助」、互いに助け合う「共助」を支援・促進する取り組みを推進し、計画レベルを超える集中豪雨に対してさらなる浸水の軽減に努めます。

関連リンク