名古屋市上下水道局

守山水処理センター

守山水処理センターは、昭和50年10月から高級処理施設の建設に着手し、昭和53年4月に完成(4万2,500立方メートル/日)しました。その後、昭和56年8月から処理施設の拡張工事に着手し、昭和58年3月に完成(8万5,000立方メートル/日)しました。また、下水道整備がすすんだため、平成2年から増設工事に着手し、平成5年末に完成(12万8,000立方メートル/日)しました。

この水処理センターは、付近に住宅地が隣接しているため処理施設を覆蓋し、周囲に樹木を配するなど、美観の保持に力が注がれ、臭気や騒音などにも配慮されています。また、その上部には公園、多目的コート、ゲートボール場などが設けられ、市民の憩いの場所として利用できるようになっています。

沈砂池 4池
最初沈でん池 12池
反応タンク 6槽
最終沈でん池 18池
  • 所在地
    北区米が瀬町3-1
  • 処理区域
    千種、北、守山、名東区の一部
  • 処理方式
    標準活性汚泥法
  • 処理能力
    12万8,000立方メートル/日
  • 排除方式
    分流式(一部合流式)
  • 放流河川
    庄内川
  • 運転開始
    昭和53年