名古屋市上下水道局

堀留水処理センター

堀留水処理センターは、我が国で初めて活性汚泥法を採用した画期的な水処理センターとして、昭和5年10月から運転を開始しました。戦後、都市の再開発がすすみ、生活様式も向上したことなどによって流入汚水量が急速に増大し、従来の施設では十分に処理できなくなってきました。そのため、施設の拡張が必要となりましたが、この水処理センターは市中心部にあるため、その用地確保は困難を極めました。そこで既存施設に隣接する久屋大通公園南端の地下部に拡張することになり、昭和45年12月から建設に着手し、昭和48年11月に完成しました。

処理施設は、都心の美観を確保し、用地の効率的な利用をはかるため、完全地下式の立体構造とし、上部は植物をテーマにしたミニテーマパーク「フラリエ」となっています。また、平成24年11月には、下水道供用開始100周年を記念するモニュメントを若宮大通に面した一角に設置しました。

沈砂池 10池
最初沈でん池 12池
反応タンク 8槽
最終沈でん池 34池
  • 所在地
    中区千代田一丁目1-12
  • 処理区域
    千種、東、中、昭和区の一部
  • 処理方式
    標準活性汚泥法
  • 処理能力
    20万立方メートル/日
  • 排除方式
    合流式
  • 放流河川
    新堀川
  • 運転開始
    昭和5年