名古屋市上下水道局

空見スラッジリサイクルセンター

空見スラッジリサイクルセンターは、主に露橋・岩塚・打出・宝神の各水処理センターで発生する汚泥を集約して処理するため、平成20年度に建設工事に着手し、平成25年10月から稼働しました。当センターは、ラムサール条約で登録された藤前干潟に隣接することからも、敷地内の緑化など環境にやさしい施設づくりに努めています。
  • 所在地
    港区空見町1-5
  • 濃縮設備
    ベルト濃縮機6台
  • 脱水設備
    スクリュープレス脱水機3台、遠心脱水機3台
  • 焼却設備
    流動焼却炉2基