名古屋市上下水道局

上下水道料金の計算方法 2か月の場合

水道料金の計算例

ここでは、口径13ミリの一般のご家庭で、2か月で43立方メートルご使用になった場合を例にあげます。

(計算手順1)料金表の適用


 一般のご家庭の用途は、「一般用・専用」になりますので(用途については「水道ご使用量のお知らせ」でご確認ください。)、料金表は一般用・専用・口径13ミリの欄が適用されます。

料金表(税込2か月分・平成26年6月分から適用)
用途種別基本水量
(立方
メートル)
税込基本料金
(円)
税込従量料金
(1立方メートルあたり)(円)
1~ 12
立方メートル
13~ 20
立方メートル
21~ 40
立方メートル
41~ 60
立方メートル



口径13ミリ121,350.00-10.80166.32228.96
口径20ミリ122,311.20-10.80166.32228.96
口径25ミリ123,369.60-10.80166.32228.96
口径40ミリ-7,776.00266.76


(計算手順2)水道料金の計算

1.基本水量と税込基本料金

 口径13ミリの2か月の基本水量は12立方メートルですから、0~12立方メートルまでは税込基本料金の1,350.00円です。13~43立方メートルまでのご使用量については、税込従量料金がかかります。
水道料金の計算例(H2606)


2.税込従量料金を計算します。

 基本水量を超える水量の1立方メートルあたりの単価は、ご使用量によって異なります。
 13立方メートルから20立方メートルまでの単価は、1立方メートルあたり10.80円ですので、8立方メートル分の料金は、

10.80円 × 8立方メートル = 86.40円 となります。

 21立方メートルから40立方メートルまでの単価は、1立方メートルあたり166.32円ですので、20立方メートル分の料金は、

166.32円 × 20立方メートル = 3,326.40円 となります。

 41立方メートルから43立方メートルまでの単価は、1立方メートルあたり228.96円ですので、3立方メートル分の料金は、

228.96円 × 3立方メートル = 686.88円 となります。


3.税込基本料金と税込従量料金を合計します。

1,350.00円 +(86.40円+3,326.40円+686.88円)=5,449.68円

 したがって、口径13ミリの一般用のご家庭で、2か月で43立方メートルご使用になった場合の水道料金は、5,449円(1円未満切捨て)となります。


下水道使用料の計算例(名古屋市内)

水道料金の計算例と同様に、一般のご家庭で、2か月で43立方メートルご使用になった場合を例にあげます。

(計算手順1)料金表の適用


 一般のご家庭の区分は、「一般汚水」になりますので、料金表は一般汚水の欄が適用されます。
料金表(税込2か月分・平成26年6月分から適用)(名古屋市内)
区分
基本排出量
(立方メートル)
税込基本使用料
(円)
税込超過使用料
(1立方メートルあたり)(円)
17~20
立方メートル
21~40
立方メートル
41~60
立方メートル
一般汚水 20 1,209.60  - 116.64 172.80


(計算手順2)下水道使用料の計算


1.基本排出量と税込基本使用料

 一般汚水の2か月の基本排出量は20立方メートルですから、0~20立方メートルまでは税込基本使用料の1,209.60円です。21~43立方メートルまでの汚水については、税込超過使用料がかかります。

下水道使用料の計算例(H2606)

2.税込超過使用料を計算します

 基本排出量を超える汚水の量の1立方メートルあたりの単価は、排出量によって異なります。21立方メートルから40立方メートルまでの単価は、1立方メートルあたり116.64円ですので、20立方メートル分の料金は、

116.64円 × 20立方メートル = 2,332.80円 となります。

 41立方メートルから43立方メートルまでの単価は、1立方メートルあたり172.80円ですので、3立方メートル分の料金は、

172.80円 × 3立方メートル = 518.40円 となります。


3.税込基本使用料と税込超過使用料を合計します

1,209.60円+(2,332.80円+518.40円)=4,060.80円

 したがって、一般用のご家庭で、2か月で43立方メートルご使用になった場合の下水道使用料は、4,060円(1円未満切捨て)となります。

※名古屋市外の給水区域の下水道使用料については、 こちら をご覧ください。


□ 料金計算シミュレーション はこちらです。