流域連携

美しい渓谷のカット

なごやのおいしい水は、水源である木曽川の水が清らかに保たれていることによるもので、上流域の市町村のみなさんの、水源林の保全をはじめとしたさまざまな努力に支えられています。

上下水道局では、これまで、イベントや各種の取り組みを通じて、木曽川流域の市町村と積極的な交流(「上下流交流」)を行ってきました。さらに、平成23年度からは、将来にわたり木曽三川の水環境を保全していくことを目的に、木曽三川流域を主体とする自治体が連携する「木曽三川流域自治体連携会議」を設置し、「流域連携」をすすめています。これは、上流域と下流域との点と点の交流であった「上下流交流」を、木曽三川の流域全体で面的に連携していこうという取り組みです。ここでは、平成28年度に実施された主な流域連携事業についてお知らせします。

コンテンツ


前後のページに移動します。