100周年事業リーフレットダウンロード

名古屋市上下水道100周年事業は平成26年12月31日で終了しました。

なごや上下水道100年の豆知識

  • ホーム
  • 放任給水制から計量制の採用へ

放任給水制から計量制の採用へ

 給水開始当初はあまり利用されなかった水道は、5年とたたないうちに給水能力に迫るほど、使用量が増大するに至りました。これは、水道の利便が市民に認識され、普及率が高まったことおよび放任給水による水の浪費が原因でした。

 その後、放任給水に伴う水量調節に関し研究調査を重ね、根本的な対策として、大正9年から計量制の全面実施を行うこととなり、大正9年から11年にかけて3年でおよそ3万個のメータの取付けを行いました。

 写真は節水を宣伝する当時のビラです。「台所の改善」と題し、「水を愛する家は栄え、水を濫費する家は衰える」としています。

名古屋市上下水道局
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

【100周年事業へのお問い合わせ先】 経営企画課(電話:052-972-3612)
その他のお問い合わせ先はこちら

このページのトップへ戻る

Copyright © Nagoya City Waterworks & Sewerage Bureau. All rights reserved.