100周年事業リーフレットダウンロード

名古屋市上下水道100周年事業は平成26年12月31日で終了しました。

なごや上下水道100年の豆知識

  • ホーム
  • 名古屋の下水道の礎を築いた先人

名古屋の下水道の礎を築いた先人

 暮らしと街を縁の下で支えている下水道ですが、今日の下水道ができるまでは多くの先人の努力がありました。そのなかから、創設期から展開期に尽力され、名古屋の下水道の礎を築かれた5人をご紹介します。

上田 敏郎氏(1864~1912)
明治36年に、本市下水道の創設にかかる「下水道実施計画報告書」を作成しました。議会議決及び認可時の責任者。明治42年水道技師長に就任し、水道の布設にも多大な功績を残しました。(!豆知識「名古屋市上下水道100周年の起算点」もご覧ください!)

上田 敏郎氏

茂庭 忠次郎氏(1880~1950)
創設工事の実施設計で合流式を導入しました。また、鉄筋コンクリート管にかかる研究にも尽力し、大口径鉄筋コンクリート管を開発して、全国に先駆けて実用化しました。大正3年下水道布設事務所長に就任(!豆知識「世界最大のコンクリート管」「日本で初めての下水道陶管の規格制定」もご覧ください!)

茂庭 忠次郎氏

石下 朝重氏(1888~1977)
大正13年より、活性汚泥法による下水処理の実験を実施し、実用化の目処を立て、活性汚泥法の導入に道筋を立てました。大正12年下水道課長に就任(!豆知識「堀留処理場(現在の堀留水処理センター)について」もご覧ください!)

石下 朝重氏

池田 篤三郎氏(1890~1963)
日本で初めて活性汚泥法を導入した堀留下水処理場の設計責任者。天白汚泥処理場を建設し、一括して汚泥処理を行う仕組を構築しました。また、名古屋産活性汚泥肥料の販売も開始。昭和11年初代水道局長に就任(!豆知識「下水汚泥の有効利用」もご覧ください!)

池田 篤三郎氏

杉戸 清氏(1901~2002)
市内三河川(堀川、新堀川、中川運河)浄化に取り組みました。昭和22年水道局長、昭和36年名古屋市長に就任。(!豆知識「三川浄化計画」もご覧ください!)

杉戸 清氏

 11月13日に開催された下水道供用開始100周年記念式典では、5人の方の顕彰を行い、顕彰パネルを公開しました。

顕彰パネルの除幕のようす
顕彰パネルの除幕のようす

名古屋市上下水道局
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

【100周年事業へのお問い合わせ先】 経営企画課(電話:052-972-3612)
その他のお問い合わせ先はこちら

このページのトップへ戻る

Copyright © Nagoya City Waterworks & Sewerage Bureau. All rights reserved.