名古屋市上下水道局

給水装置工事のお申し込み

水道の新設・改造・撤去の工事のお申し込み

新しく水道を引くとき(新設)、口径を大きくしたり、水道の引込か所を変更するとき(改造)、家の取り壊しなどで水道の設備を撤去するとき(撤去)は、市指定給水装置工事事業者(以下「市指定水道工事業者」といいます)へお申し込みください。

上下水道局への工事申請

市指定水道工事業者は、お客さまから工事のお申し込みがあると、工事の施工に必要な調書を作成し、お客さまに代わって上下水道局に申請して承認を受けます。この上下水道局への申請にあたっては、設計審査手数料が必要となります。

設計審査手数料

調査・測量・調書審査にかかる費用です。いったん納入された手数料は、申し込みを取り消されてもお返しできません。
(非課税)
口径 設計審査手数料
13ミリ 1件につき 2,400円
20ミリ・25ミリ 1件につき 4,800円
40ミリ・50ミリ 1件につき 14,500円
(75ミリ以上は省略しています)

屋内配管工事・給水管引込工事

ご家庭の水道設備(屋内配管)の工事は市指定水道工事業者が行い、道路に埋めてある水道本管(配水管)からご家庭の宅地までの給水管引込工事は上下水道局が行います。

工事費のお支払い

上下水道局が行う工事の費用は、まず概算額を前納していただき、施工後に精算させていただきます。なお、新設・改造(増径に限る)工事を行う場合には、実際の工事に要する費用(直接工事費)のほか、口径に応じて次の金額が必要となります(基本工事費)。

基本工事費

新しく水道を引いたり、給水管の口径を大きくするお客さまに、水道施設の整備費の一部をご負担いただくものです。
(消費税等相当額を含んでいます)
口径 基本工事費
13ミリ (家事用) 22,000円
(その他) 44,000円
20ミリ (家事用) 66,000円
(その他) 132,000円
25ミリ 308,000円
40ミリ 792,000円
50ミリ 1,320,000円

(75ミリ以上は省略しています)

(注) 口径を大きくする場合は、 新口径と旧口径との差額となります。


水漏れ・故障の修理

市指定水道工事業者、修繕センター(フリーダイヤル:0120-227285)または、お客さま受付センターへお申し込みください。 なお、水漏れ(漏水)かどうかわからない、どこで水漏れしているかわからないといった場合には、お申し込みにより上下水道局職員が漏水調査におうかがいします。

《壁の中、床下、ガス湯沸かし器、電気温水器、太陽熱温水器、水洗トイレなど、漏水か所によって上下水道局では修理できない場合もあります。この場合には、お手数ですがあらためて市指定水道工事業者にお申し込みください》

名古屋市上下水道局では、漏水などで緊急を要するものについて対応できるよう、 夜間・休日の体制も整えています。

市指定給水装置工事事業者(市指定水道工事業者)

水道事業者(上下水道局)は、水道法の規定により、ご家庭の水道設備(給水装置)の構造及び材質が、水道法及び水道法施行令の定める基準に適合することを確保するため、給水装置工事を適正に施行することができると認められる者を給水装置工事事業者として指定することができます。名古屋市においても給水装置工事事業者を指定しています。この市指定給水装置工事事業者以外で工事を行った場合は違反工事となりますのでご注意ください。