名古屋市上下水道局

令和3年度の決算見込と上下水道事業を取り巻く経営環境

令和3年度の決算見込

水道事業

収入面においては、水道料金の減額(約20.2億円)を実施した前年度に比べ、水道料金による収入が約17.5億円の増収となりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響などにより、厳しい状況が引き続いています。支出面においては、前年度に比べ維持管理費や資本費のうち減価償却費等が増加した一方で、企業債の支払利息が減少したことなどにより、約6.2億円の純利益を計上しました。

水道事業の決算見込
(単位 百万円、税抜)
区分令和2年度決算令和3年度決算見込比較増△減
収益的収入43,44445,5242,080
 (水道料金)
38,63440,3891,754
 (その他の収益)4,8105,136326
収益的支出44,13344,907774
 (維持管理費)25,28425,922638
 (資本費)18,84918,985136
当年度純利益(△は純損失)△ 6896171,306
(注)表示単位未満を四捨五入しているため、内訳の合計、差引が一致しない場合がある。
(注)令和3年度決算見込の水道料金は、水道料金の減額実施による影響額を除いた場合の令和2年度決算(約406.5億円)に比べ、約2.7億円の減収となった。

工業用水道事業

収入面においては、前年度に比べ、工業用水道料金による収入が約5百万円の減収となりました。支出面においては、前年度に比べ資本費が増加した一方で、維持管理費が減少したことなどにより、約0.7億円の純利益を計上しました。

工業用水道事業の決算見込
(単位 百万円、税抜)
区分令和2年度決算令和3年度決算見込比較増△減
収益的収入939925△ 14
 (工業用水道料金)804800△5
 (その益)134126△ 9
収益的支出860856△ 3
 (維持管理費)260240△ 21
 (資本費)60061717
当年度純利益7969△10
(注)表示単位未満を四捨五入しているため、内訳の合計、差引が一致しない場合がある。

下水道事業

収入面においては、前年度に比べ、新型コロナウイルス感染症の影響などにより、下水道使用料による収入が約2.3億円の減収となりました。支出面においては、前年度に比べ維持管理費や資本費のうち減価償却費等が増加した一方で、企業債の支払利息が減少したことなどにより、約15.9億円の純利益を計上しました。

下水道事業の決算見込
(単位 百万円、税抜)
区分令和2年度決算令和3年度決算見込比較増△減
収益的収入71,50372,382878
 (下使料)29,75929,524△ 234
 (雨水処理費負担金等)34,04834,513465
 (その他の収益)7,6968,345648
収益的支出69,79270,790998
 (維持管理費)25,03525,877842
 (資本費)44,75744,913156
当年度純利益1,7111,591△ 120
(注)表示単位未満を四捨五入しているため、内訳の合計、差引が一致しない場合がある。

なお、令和3年度決算は、監査委員の審査を経た上で、市会の9月定例会で認定を受ける予定です。


上下水道事業を取り巻く経営環境

上下水道局では、将来にわたり安定的に事業を継続していくための中長期的な経営の基本計画である「名古屋市上下水道経営プラン2028」(計画期間:令和元年度~令和10年度)の着実な遂行に努めています。令和3年度においては、新型コロナウイルス感染症の影響が引き続く中、市民生活や社会活動を支えるライフライン機能を維持するため、業務を継続していく体制を整えながら、安定的な上下水道サービスの提供に努めました。
今後も施設の老朽化対策や南海トラフ巨大地震を見据えた地震対策、大雨に対する備えとしての浸水対策などに取り組んでいく必要があり、上下水道事業を取り巻く経営環境は非常に厳しい状況にありますが、引き続き、効率的かつ効果的な事業執行に努めるとともに、将来を見据えた投資を積極的・計画的に行うことにより、お客さまに信頼される名古屋の上下水道事業を維持していきます。

収益・費用の推移
収益・費用の推移のグラフ
(注)水道事業は平成26年度及び令和2年度に純損失を計上していますが、平成26年度は鍋屋上野浄水場で不発弾が発見され工事が遅れた特殊要因によるもの、令和2年度は水道料金の減額を実施したことによるものです。


収益・費用の推移の内訳
収益・費用の推移の内訳のグラフ


企業債残高等の推移
企業債残高等の推移のグラフ