名古屋市上下水道局

2019年5月20日 「ともにつくる 大雨に強いまち なごや」を目指して ~「名古屋市総合排水計画」を公表します~

「ともにつくる 大雨に強いまち なごや」を目指して
~「名古屋市総合排水計画」を公表します~
(令和元年5月20日資料提供)

近年多発する豪雨に対応するため、「市」が必要な治水施設整備を行うとともに、「市民・地域・事業者」と相互に協力・連携した総合的な治水対策を推進する「名古屋市総合排水計画」の改訂版を公表します。


1 計画の概要

 (1)計画の基本理念基本理念

「市民の命を守る」 
「市民の財産を守る」 
「都市機能を確保する」
ことの実現に向けて、「市」が必要な治水施設整備を行うとともに、「市民・地域・事業者」の取組を支援することで、「ともにつくる 大雨に強いまち なごや」を目指します。

 (2)計画目標

   1)総合的な治水対策

・「自助」「共助」「公助」を組み合わせた総合的な治水対策を推進します。

・想定し得る最大規模の降雨に対しても、市民の命を守ります。

   2)本市が管理する治水施設整備

・1時間63mmの降雨に対して、浸水被害をおおむね解消します。

・1時間約100mmの降雨に対して、床上浸水をおおむね解消します

 (3)計画期間

2019年度から概ね30年間

 (4)整備費

1時間63mmの降雨に対応する治水施設整備に要する概算事業費約2,700億円


2 計画の閲覧等

 令和元年5月20日(月)より、市民情報センター、各区役所・支所、各区図書館などで計画書をご覧いただけるほか、計画書の概要版の配布を行います。

 また、同日より名古屋市公式ウェブサイトにて、計画書及び計画書の概要版の閲覧、ダウンロードができます。


【参考】
 ・施策体系と主な取組

名古屋市総合排水計画では、「治水施設整備」、「雨水流出抑制」、「土地利用・住まい方」、「防災情報の普及・啓発等」の4つの施策を柱とし、「市民・地域・事業者」と「市」、さらには河川、下水道、港湾、農業施設等の管理者が、それぞれ果たすべき役割のもと、相互に協力・連携して対策を進めます。

連携のイメージ

「市」と「市民・地域・事業者」の連携のイメージ


 ・総合的な治水対策の推進による防災力の向上

治水施設の整備を推進するとともに、市民・地域・事業者と一体となって総合的な治水対策を進めることで、防災力の向上を目指します。

総合的な治水対策のイメージ

総合的な治水対策のイメージ