名古屋市上下水道局

2019年6月12日 災害時等における上下水道局退職者協力員の講習会を開催します!!

災害時等における上下水道局退職者協力員の講習会を開催します!!
(令和元年6月12日資料提供)

上下水道局では、災害発生時の迅速な応急給水活動等を可能にするため、上下水道事業に携わった知識と経験を生かして災害対応にご協力いただける当局退職者等を、退職者協力員として登録しています。このたび退職者協力員を対象とした講習会を開催しますのでお知らせします。


1.講習会の詳細

【日  時】 令和元年6月15日(土) 午前10時00分~正午(雨天決行)
【場  所】 名古屋市千種区宮の腰町1-33
鍋屋上野浄水場
【参加者数】 40名程度(退職者協力員)
【講習内容】 講義:上下水道局の災害対策について
実習:地下式給水栓操作訓練、
仮設水槽(組立式)操作訓練、
下水道直結式仮設トイレ設置訓練

昨年度の講習会の様子

昨年度の講習会の様子


2.講習会の目的

 本講習会は、「自助」・「共助」の支援の一つとして、災害発生時に各地域において退職者協力員が、応急給水などの当局の活動にご協力いただけるよう、より実践的な実習を通して知識、技術を習得していただくことを目的としています。


3.当日の連絡先

上下水道局経営企画課(庄司) 080-3937-1957


4.その他

現地会場内に駐車場を設けておりますので、ご取材いただける場合はご連絡ください。


5.「災害時等における上下水道局退職者協力制度」について

 上下水道局では、災害対応力を強化するため、他都市や民間企業等と応援協定を締結し、連携を強化するとともに、「自助」・「共助」の支援を行っています。その一環として「災害時等における上下水道局退職者協力制度」を設けております。

 本制度は、当局退職者等が上下水道事業に携わった知識と経験を生かし、地震等の災害発生時における被害状況の情報提供や応急給水活動等に協力していただくため、希望者を退職者協力員として登録する制度です(制度発足:平成9年6月、登録者数(令和元年5月末現在):149名)。