名古屋市上下水道局

2019年10月3日 水の歴史資料館開館5周年記念企画展を開催します! ~名古屋汎太平洋平和博覧会と往時の鍋屋上野浄水場~

水の歴史資料館開館5周年記念企画展を開催します! ~名古屋汎太平洋平和博覧会と往時の鍋屋上野浄水場~
(令和元年10月3日資料提供)

今年度、水の歴史資料館が開館5周年を迎えることを記念し、昭和12年に本市で開催された日本最初の国際的博覧会「名古屋汎太平洋平和博覧会」をテーマとする企画展を開催します。
本企画展では、同博覧会の写真や資料のほか、実際に展示されていた鍋屋上野浄水場の模型を修復し、展示します。80年以上の時を超えて、往時の鍋屋上野浄水場が皆様の前に蘇ります。
是非取材していただきますよう、お願いします。


1.開催期間

令和元年10月4日(金)~令和元年11月4日(月) 9時30分~16時30分
※10月7日(月)、15日(火)、21日(月)、28日(月)は休館日です。


2.開催場所

水の歴史資料館(千種区月ケ丘1丁目1-44)


3.展示品

(1) 模型
「名古屋市水道局鍋屋上野浄水場薬品沈でん池及び急速ろ過池模型」
(名古屋汎太平洋平和博覧会保健衛生館で実際に展示したもの)
鍋屋上野浄水場模型写真
(2) 映像
「名古屋汎太平洋平和博覧会フィルム」(60分)
(3) 資料、写真、パネル
「名古屋汎太平洋平和博覧会案内図」
「名古屋汎太平洋平和博覧会会誌」
「名古屋汎太平洋博覧会写真帳」等


4.特別イベント~水の音楽祭~

名古屋市立大学管弦楽団の弦楽四重奏による「水の音楽祭」を開催します。
開催日時:令和元年10月13日(日)(第1回:13時~、第2回:14時30分~)
定 員:各回とも先着50名様


5.その他

ご取材いただける場合は、表面記載の問い合わせ先まであらかじめご連絡ください。


【 参考 】

☆名古屋汎太平洋平和博覧会とは・・・
名古屋汎太平洋平和博覧会は、名古屋市主催、愛知県と名古屋商工会議所協賛で、昭和12年(1937年)3月15日から5月31日までの78日間、現在の港区港北公園とその周辺一帯で行われた日本で最初の国際的博覧会です。
当時、昭和15年(1940年)の皇紀2600年記念祭とあわせて万国博覧会とオリンピックを開催する計画があり、これに先立つものとして開催されました。博覧会には29ヶ国が参加し、入場者数も480万人を超え、太平洋戦争前では最大級の規模となりました。

☆「名古屋市水道局鍋屋上野浄水場薬品沈でん池及び急速ろ過池模型」とは・・・
名古屋汎太平洋平和博覧会が開催された頃の鍋屋上野浄水場は、当時の最先端の水道技術であるクラリファイア(排泥設備)※を沈澱池に備えていました。「名古屋市水道局鍋屋上野浄水場薬品沈でん池及び急速ろ過池模型」は、当時の同浄水場の外観を模したもので、名古屋汎太平洋平和博覧会に出品されました。
※クラリファイアとは・・・
クラリファイアは、汚泥掻き寄せ機のことで、これにより、沈澱池の水抜きをせずに、沈泥を池外に排除でき、常時操業が可能となります。
往時の鍋屋上野浄水場は、新たに急速ろ過方式を採用し、沈澱池、ろ過池等を整備しました。薬品注入による沈澱物の増加への対応として、このクラリファイアを日本で最初に設置しました。

水の歴史資料館開館5周年記念企画展チラシ(PDF 216kb)