名古屋市上下水道局

2020年1月16日 水道工事現場における転倒事故の発生について

水道工事現場における転倒事故の発生について
(令和2年1月16日資料提供)

 名古屋市天白区原一丁目地内における当局発注の水道工事現場において、自転車走行者が転倒し、負傷する事故が発生しましたので、下記のとおりご報告します。


1.発生日時

令和2年1月9日(木)午後8時00分頃


2.発生場所

名古屋市天白区原一丁目地内(「地図」参照)


3.発生状況

 負傷者は男性(20歳)で、工事区域の舗装の仮復旧箇所を自転車で通過したところ、路面沈下した箇所の段差においてバランスを崩して転倒し、右腕を骨折されました。


4.原因

 転圧不足により舗装の仮復旧箇所に段差(深さ最大約6cm)が生じていたことが原因と考えられます。


5.対応状況

 1月10日(金)に負傷者のご家族からご連絡をいただき、本日(1月16日(木))ご本人にお会いし謝罪いたしました。
 なお、発生場所の応急処置工事を実施するとともに、他の工事における舗装の仮復旧箇所において点検を実施しました。また、同様の事故の再発防止について局内及び他の受注者への注意喚起を行います。

<地図>
地図

<発生状況写真>
発生状況写真