名古屋市上下水道局

2020年5月11日 新型コロナウイルス感染症に関する上下水道事業における支援策について

新型コロナウイルス感染症に関する上下水道事業における支援策について
(令和2年5月11日資料提供)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている市民生活や事業活動の支援と、市民の方の積極的な手洗いの実施による感染予防を目的として、水道料金の減額を行います。
さらに、収入や売上が減少し、上下水道料金のお支払いが困難な方を支援するため、支払猶予制度を拡充します。

1 水道料金の減額
 (1)対象者
  全ての水道利用者(給水戸数 約132万戸)

(2)減額内容
  水道の基本料金を2か月分免除
   令和2年8月検針分から
   〔具体例〕
偶数月検針:6月検針日から8月検針日までのご利用分にかかる基本料金
奇数月検針:7月検針日から9月検針日までのご利用分にかかる基本料金

 (3)申込手続
  今回の減額について、申込手続は不要
(水道料金の請求から基本料金の額を差し引く方法で実施します。)

(4)減額総額
約22億円(税込)


2 支払猶予制度の拡充
 (1)対象者
  新型コロナウイルス感染症の影響により上下水道料金のお支払いが困難な方
 
(2)猶予期間
  最長令和2年12月末まで

 (3)申込手続
  担当の営業所に電話で相談後、「新型コロナウイルス感染症の影響による支払猶予申請書」を郵送又はFAXにより提出