名古屋市上下水道局

2020年10月29日 空見スラッジリサイクルセンター下水汚泥固形燃料化施設の稼働について(訂正)

空見スラッジリサイクルセンター下水汚泥固形燃料化施設の稼働について(訂正)
(令和2年10月29日資料提供)

 令和2年10月27日付けで資料提供させていただきました上記の資料について、パンフレットの一部に誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。

パンフレット表紙裏面
【施設概要】
固形燃料化物発熱量
(訂正前) 約14MJ/kg-DS
(訂正後) 約14MJ/kg-wet

※本施設で製造する固形燃料化物は10%程度の水分を含んでおり、MJ/kg-wetが正しい表記となります。
なお、DS表記は水分を含まない状態での単位となります。


温室効果ガス削減量
(訂正前) 一般家庭年間排出量の約24,000世帯分削減
(訂正後) 一般家庭年間排出量の約4,400世帯分削減

(修正済み)空見スラッジリサイクルセンター下水汚泥固形燃料化事業パンフレット(pdf 7,274kb)