名古屋市上下水道局

2020年12月8日 上下水道局が業務を委託する事業者における新型コロナウイルス感染者の発生について

上下水道局が業務を委託する事業者における新型コロナウイルス感染者の発生について
(令和2年12月1日資料提供)

 本日、上下水道局が業務を委託する事業者の従業員が、新型コロナウイルス陽性であることが判明いたしましたので、ご報告いたします。
なお、水道水は適切に塩素消毒を実施しておりますので、引き続き安心してご利用いただけます。


1 患者
営業所を勤務場所とする委託事業者の従業員

2 行動・症状等
12月4日(金)通常勤務
12月5日(土)休日
12月6日(日)休日、嗅覚障害
12月7日(月)PCR検査を受検
12月8日(火)新型コロナウイルス陽性であることが判明

3 担当業務
当該従業員は、水道の使用を中止した際のメータ確認業務を担当しています。
お客さまとの接触はありませんでした。

4 営業所における対応
従前より、全ての職員及び従業員が毎朝の検温実施及びマスクを着用して勤務するとともに、職場の消毒を実施しております。さらに、PCR検査を受検した12月7日(月)に改めて消毒を実施しました。
また、職場における濃厚接触者はおりません。
なお、当該営業所は、感染症対策を徹底したうえで、引き続き業務を継続しています。