名古屋市上下水道局

2021年2月8日 水道工事現場における事故の発生について

水道工事現場における事故の発生について
(令和3年2月8日資料提供)
 当局発注の水道工事現場において、歩行者が負傷する事故が発生しましたので、下記のとおりご報告します。

1 発生日時
令和3年2月5日(金) 午後3時30分頃

2 発生場所
名古屋市熱田区須賀町(「位置図」参照)

3 発生状況
 負傷者は男性(10歳代)で、上記発生場所の歩道を通行したところ、掘削後の埋め戻し箇所の段差につまずいて転倒し、右膝を擦りむく等の怪我を負われたものです。

4 原因
 当該箇所は、掘削工事後に埋め戻しを行い、アスファルト舗装(仮舗装)を施工する前の状態で歩行者に通行いただいており、埋め戻し箇所と歩道舗装(インターロッキングブロック舗装)には最大3cm程度の段差がある状況でした。なお、埋め戻し箇所の前後には、注意喚起のためのカラーコーンを設置しておりました。

5 対応状況
 ご本人に謝罪しました。
 また、現地は当日中にアスファルト舗装を行い、現在は歩行者が安全に通行できる状態となっております。



位置図
発生状況図