名古屋市上下水道局

2021年5月6日 名古屋市にて水道スマートメータによる水道使用量自動検針の試験導入を開始します

名古屋市にて水道スマートメータによる水道使用量自動検針の試験導入を開始します
(令和3年5月6日資料提供)


 名古屋市上下水道局と中部電力株式会社(以下、「中部電力」)は、2020年3月26日に締結した「水道スマートメータによる水道使用量自動検針の試験導入に係る協定」に基づき、本日より、名古屋市内の集合住宅(124戸)にて、水道スマートメータによる水道使用量自動検針の試験導入(以下、「本取り組み」)を開始しました。

 本取り組みでは、電力スマートメータの通信網を活用し、安定的に水道使用量データを取得できることを確認することに加え、水道使用量の「見える化」や漏水の早期発見など、取得した水道使用量データの利活用に関する検討を進めてまいります。
 また、本取り組みで得られた知見をもとに、水道スマートメータによる水道使用量自動検針の将来的な本格導入に向けた検討を進めてまいります。

 両者は、先端技術を活用したインフラの構築・運用を進めていくことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。


2021年5月6日 名古屋市にて水道スマートメータによる水道使用量自動検針の試験導入を開始します(pdf 216kb)