名古屋市上下水道局

2022年1月31日 セルラー系LPWA を用いた水道スマートメータの試験導入について

セルラー系LPWA を用いた水道スマートメータの試験導入について
(令和4年1月31日資料提供)

 
名古屋市上下水道局(以下「上下水道局」という。)と愛知時計電機株式会社(以下「愛知時計電機」という。)は、本日、「セルラー系LPWA を用いた水道スマートメータに関する共同研究」の協定を締結しました。
 本協定は、LPWA 通信※1に該当するNB-IoT 方式及びLTE-M 方式を用いて、様々な設置環境における通信成功率を検証するとともに、収集した水道使用量等のデータ利活用について検討することで、自動検針システム構築時の効果を検証し、将来的な水道スマートメータの本格導入に向けた知見を得ることを目的としています。
 今後、セルラー系LPWA※2の通信ネットワークを用いた、水道スマートメータの試験導入を下記のとおり進めてまいりますのでお知らせいたします。

※1 LPWA 通信:Low Power Wide Area の略。少ない電力量で長距離の無線通信を可能にした通信技術のこと。LPWA 通信の中に携帯電話網を利用したNB-IoT やLTE-M などが存在する。
※2 セルラー系LPWA:LPWA 通信の中で携帯電話の通信網を利用した通信方式のこと。

2022年1月31日 セルラー系LPWAを用いた水道スマートメータの試験導入について(pdf 157kb)