名古屋市上下水道局

伊勢湾台風60年事業講演会を開催します

 伊勢湾台風60年ロゴ 
 今年は、この地域を襲い甚大な被害をもたらした伊勢湾台風の襲来から60年目の節目の年に当たります。
 伊勢湾台風の記憶と教訓を風化させないよう後世に継承する場を設けるとともに、本市の浸水対策の紹介や「自助」「共助」の啓発として講演会を開催します。
 気象予報士の吉田ジョージ様や名古屋市立大学の三浦准教授をお迎えして講演会とパネルディスカッションを行う予定です。この講演会を通して皆さまの防災意識の向上につながればと考えておりますので、ぜひお越しください。
■日時
令和元年8月25日(日曜日) 10時00分から12時00分まで(開場は9時30分)
■講演内容
講演1 『迫りくる大雨災害とその対策』 <吉田 ジョージ氏(気象予報士)>
講演2 『名古屋市総合排水計画の概要』 <名古屋市上下水道局>
講演3 『地域連携の取組み』 <三浦 哲司氏(名古屋市立大学大学院 准教授)>
パネルディスカッション
■場所
港区役所 講堂 (港区港明一丁目12番20号) 
地下鉄名港線港区役所駅1番出口徒歩2分
自家用車でのご来場はご遠慮ください。
■定員
当日先着300名(事前申し込み不要。名水1缶プレゼント)
■入場料
無料
■お問い合わせは
名古屋市上下水道局下水道計画課 052-972-3797
当日のお問い合わせ 080-4292-8417(上下水道局担当者)
(荒天時には中止させていただく場合があります。)

会場に隣接する「名古屋市港防災センター」でも防災情報の展示を行っています。
ぜひご覧ください。

詳しくはリーフレットをご覧ください。伊勢湾台風60年事業講演会(pdf 1,157kb)