名古屋市上下水道局

堀留処理場(現在の堀留水処理センター)について

最終更新日:2022年04月01日

 このページでは、本市初の下水処理場である堀留処理場(現在の堀留水処理センター)についてご紹介します。
 大正元(1912)年に下水道が供用開始されましたが、この頃の下水道は、集められた下水をそのまま川へ流すというものでした。そのため、市の中心部を流れる堀川や新堀川は汚染が進み、悪臭が漂うようになりました。なお、し尿については、下水道の供用開始当初は下水道へ投入していませんでした。下水道への投入は、し尿浄化槽を設置した上、大正15年から行われました。(豆知識「し尿処理の解決策を求めて~下水道創設期の悪戦苦闘~」もご覧ください。)

し尿を海中投棄するためのし尿運搬船
し尿を海中投棄するためのし尿運搬船


 そこで、建設されたのが堀留処理場です。堀留処理場は名古屋市初の下水処理場というばかりでなく、わが国で最初の「活性汚泥法」※による処理場でもあります。この処理方法はイギリスで創設され、大正3(1914)年に実用化され始めた歴史の浅いものでしたが、堀留処理場は早くも昭和5(1930)年に処理を開始しました。堀留処理場への活性汚泥法の導入は、なんとほぼ1冊の本を頼りに実験を重ねたという、先人たちの努力の結晶といえるものです。
※活性汚泥法は、下水に空気を吹き込み、微生物の働きで水の汚れをとる方法で、現在、日本の下水処理場で最もよく使用されている処理方法です。

 「わが国における活性汚泥法の実用化時代の幕開けは、ナゴヤの堀留処理場から」と覚えてください♪

活性汚泥法実験施設
活性汚泥法実験施設
(熱田ポンプ所構内)

創設時の堀留下水処理場
創設時の堀留処理場
(現在:堀留水処理センター)