名古屋市上下水道局

水処理センターの施設見学動画 ~露橋水処理センター~

 昭和8年(1933年)から供用を開始している露橋水処理センター(サイト内ページへリンク)は、名古屋市で初となる全面改築を行い、平成31年(2020年)3月に完成しました。新しく生まれ変わった露橋水処理センターをオンラインで施設見学できます。
 家庭などから流れてくる下水を水処理センターできれいにして川へ流すまでの過程を、水処理センターで施設見学をしているかのようにご覧いただくことができます。


水処理の流れ
(上図をクリックすると別ウインドウで拡大画像が開きます。)


▼▼露橋水処理センターってどんな所?▼▼ 
 表の施設名(⓵~⓻)をクリックすると、それぞれの紹介動画(2~5分程度)が始まります。また、番号順(⓵~⓻)にご覧いただくことで、水処理センターで下水をきれいする過程等を順々に見ることができます。 
 (Youtubeにリンクしています。)<令和3年11月制作>
 ※動画の視聴には多くのデータ通信量が必要になります。ご注意ください。

 水処理の過程を1本の動画でご覧になりたい場合は、「施設紹介動画 ~鍋屋上野浄水場・露橋水処理センター~」(サイト内ページへリンク)の露橋水処理センターの動画をご覧ください。
施設名役割
⓵ 沈砂池水処理センターに着いた下水は、まずこの池に入り、砂など大きなゴミを沈めて取り除きます。
⓶ 最初沈でん池沈砂池で取り除くことができなかった細かいゴミや泥などを、ゆっくり時間をかけて沈めます。
⓷ 反応タンク微生物を含んだ泥である「活性汚泥」を下水に加え、空気を吹き込んでかき回します。微生物が汚れを分解したり吸着したりして、水をきれいにしてくれます。
⓸ 最終沈でん池活性汚泥をゆっくり時間をかけて沈め、上ずみのきれいな水を「急速ろ過施設」へ送ります。
⓹ 急速ろ過施設最終沈でん池で処理した下水を砂の層に通すことで、とても細かな汚れまで取り除きます。
⓺ 放流ポンプきれいにした下水をポンプを使って、川へ流します。また、きれいにした下水は「ささしまライブ24地区」で冷暖房の熱源などに活用しています。
⓻ 広見憩いの杜水処理施設の上部にある憩いの空間です。「水と緑の日常」をテーマとし、整備しています。
露橋地上部露橋水処理センター地下部