名古屋市上下水道局

高度処理の導入

現状

 下水道の普及により河川や名古屋港の水質は大幅に改善されてきました。
しかし、伊勢湾海域においては、依然として赤潮が発生しており、その原因となる窒素・りんの排出量をさらに削減することが求められています。


赤潮
伊勢湾における赤潮 (名古屋市環境局 提供)

 伊勢湾のように水の移動が少ない海域に窒素・りんが過剰に流入すると、濃縮が進みます(富栄養化)。
 この窒素・りんを栄養分として、プランクトンが大量発生することがあり、これが原因となって水面が赤く見える現象が赤潮です。


基本方針

 窒素・りんを除去する高度処理を計画的に水処理センターに導入していきます。
現在、植田水処理センターで高度処理施設の整備を行っています。


💧高度処理のしくみ


 高度処理とは、現在多くの水処理センターで行っている処理方法(標準活性汚泥法)では十分取り除くことができない、窒素やりんを取り除くための処理方法です。
 名古屋市が導入している、または導入予定の高度処理は、りんを除去する嫌気―好気法と、窒素とりんを同時に除去する嫌気―無酸素―好気法です。

1.嫌気―好気法
嫌気-好気法は、微生物の性質を利用して、りんを除去する処理方式です。この処理方式では、大きなゴミや砂などを取り除いた汚水を、酸素を含まない嫌気槽を通した後、酸素をたくさん溶け込ませている好気槽へ送ります。このとき、嫌気槽では、微生物が体内に取り込んでいたりんを一旦水中へ吐き出します。その後、好気槽では、微生物が嫌気槽で吐き出した以上のりんを体内に取り込むことで、汚水からりんを除去します。

※嫌気-好気法は、熱田水処理センターおよび打出水処理センターで導入しています。


2.嫌気―無酸素―好気法

嫌気―無酸素―好気法は、微生物の性質を利用して、窒素とりんを除去する処理方式です。この処理方式では大きなゴミや砂などを取り除いた汚水を、酸素を全く含まない嫌気槽を通して、無酸素槽を経由し、酸素をたくさん溶け込ませている好気槽へ送ります。 まず、りんを除去する仕組みです。嫌気槽では、微生物が体内に取り込んでいたりんを一旦水中へ吐き出します。その後、好気槽では、微生物が嫌気槽で吐き出した以上のりんを体内に取り込むことで、汚水からりんを除去します。 次に、窒素を除去する仕組みです。好気槽から後段の処理工程へでていく汚水の一部を無酸素槽へ戻します。無酸素槽では、微生物の働きにより、水中の窒素をガスに変化させ、大気中へ放出することで、汚水から窒素を除去します。
※嫌気-無酸素-好気法は、柴田水処理センター、西山水処理センター、守山水処理センター、露橋水処理センター、植田水処理センターで導入しています。