名古屋市上下水道局

令和4年8月1日より上下水道料金のスマートフォン決済を8種類に拡充します

令和4年8月1日より水道料金・下水道使用料のスマートフォン決済について、新たに7種類増やし、8種類に拡充します。

1 拡充するスマートフォン決済アプリ(サービス名)
au PAY
(請求書支払い)
サービスの詳細は、「au PAY(請求書支払い)のホームページ」(外部リンク)でご確認ください。
d払い
(請求書払い)
サービスの詳細は、「d払い請求書払いのホームページ」(外部リンク)でご確認ください。
LINE Pay
(LINE Pay 請求書支払い)
サービスの詳細は、「LINE Pay 請求書支払いのブログページ」(外部リンク)でご確認ください。
PayB
(払込票決済)
サービスの詳細は、「PayBのホームページ」(外部リンク)でご確認ください。
PayPay
(請求書払い)
サービスの詳細は、「PayPay請求書払いのホームページ」(外部リンク)でご確認ください。
エポスアプリ
(エポス請求書払い)
サービスの詳細は、「エポスカードのホームページ」(外部リンク)でご確認ください。
楽天銀行
(コンビニ支払サービス)
サービスの詳細は、「楽天銀行のホームページ」(外部リンク)でご確認ください。

<参考>現在ご利用可能なスマートフォン決済アプリ(サービス名)[令和2年12月に導入済み]
ファミペイ
(請求書支払いサービス)
サービスの詳細は、「ファミリーマートのホームページ」(外部リンク)でご確認ください。

2 利用開始日
令和4年8月1日(月曜日)

3 利用方法
対象決済アプリを起動し、お客さまが当局の発行した納入通知書(支払用紙)に印字されているバーコードを、スマートフォン等のカメラで読み取ることで、登録した電子マネーなどによりその場でお支払いいただけます。
※コンビニエンスストア等の店頭で対象決済アプリを表示させたスマートフォンを提示してお支払いいただく方法ではありません。
スマホ決済利用方法イメージ図

4 留意点
・お支払可能な金額はサービス提供事業者によって異なります。
・お支払い上限額ほか、各サービスのご利用方法等詳細は各事業者のウェブサイト等でご確認・お問い合わせください。
・ご利用にあたり、スマートフォン等への対象決済アプリのインストールや事前登録手続きが必要です。
・アプリのダウンロード、ご利用にかかる通信料は、お客さまのご負担となります。
・当局から領収書は発行されませんので、お支払い履歴はご利用の決済アプリでご確認ください。領収書が必要な場合は、金融機関、ゆうちょ銀行(郵便局)、コンビニエンスストア等で、納入通知書によりお支払いください。
・お支払い後も、領収印のない納入通知書がお客さまのお手元に残ります。支払日をメモ書きするなど、二重支払いすることのないよう、ご注意ください。