名古屋市上下水道局

宝神水処理センター

宝神水処理センター(その1)  宝神水処理センター(その2)
 宝神水処理センターは、昭和46年(1971年)12月からポンプ施設の建設に着手、昭和48年(1973年)6月に運転を開始し、これと並行して昭和47年(1972年)から下水処理施設の建設に着手、昭和50年(1975年)6月に処理能力が1日あたり3万7,500立方メートルの施設が完成し、高級処理※1を開始しました。そして、処理施設の建設が引き続き進められ、昭和51年(1976年)4月に第一期工事が完了し、処理能力が1日あたり7万5,000立方メートルに増強しました。その後、第二期工事の建設が進められ、昭和60年(1985年)4月から稼働し、第一期工事分と合わせて処理能力が1日あたり15万立方メートルになりました。

 この水処理センターは、付近に住宅地が隣接しているため処理施設を覆い、その上部は周囲の景観との調和を図るとともに、グラウンドや多目的コートを設けて付近の住民の方々に開放しています。さらに、センター内の緑化につとめたり、せせらぎをつくるなど、お客さまにより親しまれる水処理センターをめざしています。

         
所在地港区宝神四丁目2501番地
処理区域中川・港区の一部
処理方式標準活性汚泥法※2
処理能力1日あたり15万立方メートル
排除方式合流式
放流河川庄内川
運転開始昭和50年(1975年)
沈砂池10池
最初沈でん池12池
反応タンク4槽
最終沈でん池16池


◆施設見学の予約について

「水処理センター・汚泥処理施設見学のご案内」のページをご覧ください。


◆アクセス

  • 市バス
「西稲永」下車 徒歩11分
  • あおなみ線
「稲永」下車 徒歩20分


宝神水処理センター案内図


<用語解説>
※1 高級処理
現在の下水処理において一般的な処理のこと。(例.標準活性汚泥法)
※2 標準活性汚泥法
一般的な下水処理の方式。下水中に微生物が入った活性汚泥を加えて空気を吹き込むことで、活性汚泥に含まれる微生物が水中の有機物を取り込む仕組みのこと。