名古屋市上下水道局

露橋水処理センター

露橋水処理センター正面写真  露橋水処理センター(その2)
 露橋水処理センターは、西部下水道幹線の抽水場(ポンプ所)に施設を増築する計画で昭和7年(1932年)9月から建設に着手し、昭和8年(1933年)11月に下水の簡易処理※1を開始しました。さらに、中川運河の水質汚濁防止のため、活性汚泥法※2による高級処理※3施設の建設に着手し、昭和11年(1936年)11月に完成しました。

 その後、施設の老朽化や高度処理※4への転換のため、平成16年(2004年)3月をもって処理を停止して全面的に改築更新する工事に着手し、平成29年(2017年)9月から水処理施設が稼働しました。

 改築後は水処理施設を地下化し、上部を市民の皆さまへ開放する開かれた空間づくりを目指して「広見憩いの杜」を整備しました。

 この水処理センターでは、最終沈でん池で処理した水を急速ろ過施設における砂の層に通すことで、水中の細かな汚れまでを取り除いています。

 また、高度処理水の一部を名古屋駅の南に位置する「ささしまライブ24地区」に送水し、地域冷暖房の熱源利用、修景用水としての利用、中川運河堀止部の水循環促進を目指した高度処理水活用事業を実施しています。

所在地中川区広住町10番50号
処理区域西・中村・中川各区の一部
処理方式嫌気無酸素好気法※5
処理能力1日あたり8万立方メートル
排除方式合流式
放流河川中川運河
運転開始昭和8年(1933年)
改築後は平成29年(2017年)
沈砂池5池
最初沈でん池8池
反応タンク8槽
最終沈でん池16池
急速ろ過施設8池


◆施設見学の受付など

「水処理センター・汚泥処理施設見学のご案内」のページをご覧ください。


◆アクセス

  • 市バス
「猿子橋」または「柳原橋」下車 いずれも徒歩5分
  • 名古屋鉄道
名古屋本線「山王」下車 徒歩10分
  • あおなみ線
「ささしまライブ」下車 徒歩16分

露橋水処理センター案内図


<用語解説>
※1 簡易処理
水処理センターに届いた汚れた水(汚水)の中の固形物を沈澱させ、薬品で消毒をする処理のこと。
※2 活性汚泥法
下水中に微生物が入った活性汚泥を加えて空気を吹き込むことで、活性汚泥に含まれる微生物が水中の有機物を取り込む仕組み。
※3 高級処理
現在の下水処理において一般的な処理のこと。(例.標準活性汚泥法)
※4 高度処理
現在の一般的な下水処理である高級処理では十分に取り除くことのできないリンや窒素を取り除くための処理のこと。(例.嫌気好気法、嫌気無酸素好気法)
詳しくは、高度処理のしくみをご覧ください。
※5 嫌気無酸素好気法
微生物の性質を利用してリンと窒素を除去する高度処理の方式のこと。
詳しくは、高度処理のしくみをご覧ください。