名古屋市上下水道局

名古屋市唯一の英貨公債の発行

 創設工事にかかる財源を確保するため、当初は上下水道布設費のみの公債条例を設け、単独で募債する計画でしたが、途中から当時の本市の5大事業であった鶴舞公園新設費や精進川(現新堀川)改修費などと旧債の弁償を一括して、額面800万円の公債を募集することになりました。800万円については市債による予定でしたが、市債の一部を募集したところ、外国資本家の間で注目されたことから、計画を変更し外国から資金調達を行うこととし、総額80万ポンド(781万6,000円)の英貨公債を発行しました。下の写真は100ポンド券です。この英貨公債は、名古屋市で初めての外国債で、その後は発行されていません。左が英語表記、右がフランス語表記となっています。
英貨公債