木曽三川流域自治体連携会議 ―水でつながる命―

文字サイズ


木曽三川流域自治体連携会議とは

木曽三川流域自治体連携会議 ~水でつながる命~

 上下水道局が事務局をつとめる木曽三川流域自治体連携会議では、木曽三川の水環境を将来にわたり守っていくため、流域のみなさまと連携の輪を広げていきます。
 

構成自治体(4県下46自治体 平成31年4月時点)

水でつながる木曽三川流域は古くから木曽川、長良川、揖斐川の豊かできれいな水の恩恵を受けてきました。

木曽三川流域の水環境は、上中流域の人々の活動に大きく依存していますが、これらの地域では高齢化や過疎化、農林業の衰退などさまざまな課題を抱えています。

将来にわたり木曽三川の恩恵を受けるためには、河川をはじめとする健全な水環境を守っていく必要があり、上中流域が抱えるさまざまな項に対して、流域全体で議論していくことが必要です。

そこで、木曽三川流域自治体連携会議では、木曽三川流域の水環境を守るため、一体となって水環境保全にとりくみます。

木曽三川流域自治体連携会議構成自治体図

木曽三川流域自治体連携会議の活動の詳細について

木曽三川流域自治体連携会議リーフレット(pdf 423kb)

Adobe Readerのダウンロード PDFファイルの閲覧には、最新のAdobe Readerが必要です。