木曽三川流域自治体連携会議 ―水でつながる命―

文字サイズ


令和元年度 「木曽三川流域自治体サミットin美濃加茂市」を開催しました!

木曽三川流域の水環境保全に向けて、木曽三川流域の市町村長等が一堂に会し、意見交換等を行う「第9回 木曽三川流域自治体サミットin美濃加茂市」を開催しました。
28自治体の市町村長等が参加した今年度のサミットでは、みのかも文化の森にて「清流の恵みを新たな世代に伝えるために」と題した川尻秀樹氏(岐阜県森林文化アカデミー森林総合教育課長)の講演や「水環境保全に関する取組み」をテーマに意見交換を行った後、市内見学として生活環境保全林みのかも健康の森を見学し、アベマキ製バターナイフづくりやツリートップアドベンチャー体験を行いました。

○開催日
令和元年9月29日(日)

○開催場所
みのかも文化の森

○主催
第9回木曽三川流域自治体サミットin美濃加茂市実行委員会

○木曽三川流域自治体連携会議からの出席自治体
28自治体(50音順)
上松町、揖斐川町、恵那市、王滝村、大桑村、川辺町、木曽広域連合、木曽岬町、木曽町、木祖村、北方町、郡上市、桑名市、下呂市、坂祝町、白川町、津島市、富加町、南木曽町、名古屋市、羽島市、東白川村、七宗町、瑞浪市、御嵩町、美濃加茂市、八百津町、弥富市(50音順)

川尻先生による講演 意見交換会
川尻先生による基調講演               市長村長等による意見交換
アベマキバターナイフづくり